郷土館の見どころ

竹久夢二 原画展示

竹久夢二 原画 本町を舞台にした作品を書いている作家長田幹彦の遺品の中から発見されました。表紙絵2枚、扉絵2枚の計4枚を展示しています。夢二は長田と同世代で、小説の多くに表紙絵や挿絵を描いています。
普通このような絵は、印刷所に送られるものですが、この「朝寝髪」という作品は、理由は不明ですが出版されていません。それで作者の手元に残ったと思われます。

保津船

保津船 昭和15年、当時の島野村(昭和30年岩内町と合併)の船大工野五郎治によって建造され、昭和26年まで実際に鰊漁で使用していたニシン枠船。 長さ10.1m。幅2.1m。
郷土館の駐車場に展示しています。

映像コーナー

映像コーナー 岩内の海運会社社長がフランス製9.5ミリフィルム(現物展示)で撮影したもの。
●昭和初期(昭和4年から9年当時)の岩内・札幌風景
●岩内から札幌までの国鉄沿線風景
●大変珍しいものとしては、昭和4年に小樽港外に集結した日本帝国海軍連合艦隊の軍艦群、
戦艦陸奥・空母赤城・巡洋艦日向他、この映像は他では見られません!

産業・経済

産業・経済

ニシン漁関係資料

前庭には昭和26年まで実際に使用されていた漁船(保津船)を展示
ニシン建網漁の様子を精巧な模型
ニシン漁関係漁具ニシン粕製造器具まで一式
ニシン場の親方が使用していた調度品
特に素晴らしいものは絹地に総刺繍を施した屏風 江戸時代後期のものと推定。

日本で最古の鉄製レール

1869(明治2)年、茅沼炭鉱で使用 牛に引かせたトロッコが走っていました。

日本最初・北海道最初物語

日本最初・北海道最初物語

北海道最古の炭鉱

1856(安政3)年発見 「茅沼炭鉱」関係資料

国産最古のリードオルガン

1905(明治38)年 西川オルガン(横浜)制作  自由に演奏できます 100年前のオルガンを弾いてみませんか。

日本のアスパラガス発祥の地関係資料

アスパラガスは岩内の下田喜久三博士によって1922(大正11)年岩内郊外で栽培に成功。ついで1924(大正13)年に日本アスパラガス株式会社を創立、缶詰を欧米に輸出します。

日本最初の自費による港築港事業関係資料

1907(明治40)年、岩内町は町債などを発行して現在の金額で約140億円を投入して築港事業を開始します。今年は、その第一工事完成100年になり、特別展を開催しています。9月26日(日)まで。

北海道最初の水力発電関係資料

1906(明治39)年 北海道で初めて水力発電が岩内で開始されました。水力発電機の模型展示も行っています。

北海道で2番目の馬車鉄道関係資料

1905(明治38)年 函館に次いで2番目の馬車鉄道が市街を巡って、現在の函館本線小沢駅まで通っていました。

サッポロビール誕生の源となった 野生ホップ発見 関係資料

開拓使のお雇い外国人(茅沼炭鉱の開発指導)トーマス・アンチセルが、1871(明治4)年、岩内町郊外で野生ホップを発見します。これが現在のサッポロビールに繋がっています。

行政・教育

文化・文芸

岩内郡役所関係資料や学校関係(私学校含む)資料

町内にはこの当時の郡長(現在の岩内町・共和町・泊村・神恵内村の4つの町村を 束ねる。江戸時代でいえば代官か小大名)が1906(明治39)年に建てた北海道有 名建造物が現存してます。非公開ですが、外から見ることはできます。郷土館では 模型を展示しています。

文化・文芸

文化・文芸

北海道有形文化財の縄文土器

岩内町で出土した、縄文時代の土器を展示しています。

夏目漱石の戸籍謄本

文豪夏目漱石は22年間岩内に戸籍を置きます。その戸籍を置いた住居跡に石碑が立っています。

有島武郎と「生まれ出づる悩み」のモデル、孤高の画家木田金次郎関係資料

有馬武郎は1922(大正12)年に岩内を訪れます。その後、有島に心酔する青年たちによって『白水会(有島の個人雑誌「泉」を上下半分に分けた)』が結成された。この会が岩内の近代文化の基礎を築きます。この関係資料も展示。

長田幹彦の遺品・原稿

ご当地ソングの始まりの「岩内音頭」は、1934(昭和9)年、長田幹彦が作詞し中山晋平が作曲したものです。長田は1914(大正3)年に岩内を訪れていて、岩内を舞台にした小説を何篇か書いています。

「飢餓海峡」と水上勉関係資料

名作「飢餓海峡」は1961(昭和36)年、作者である水上勉が来町したことによって誕生しました。1963(昭和38)年には映画の撮影が岩内町で行なわれ、そのときの資料も展示しています。

泉天郎関係資料

岩内の俳句の歴史は古く江戸時代にさかのぼります。泉天郎は岩内が生んだ俳人で戦前の俳壇では名を知られた人です。
また、「坂の上の雲」に出てくる正岡子規の高弟、河東碧梧桐に師事します。それで、碧梧桐は1927(昭和2)年に岩内を訪れています。当時、北海道における同人は泉天郎を入れて全部で3人。全て岩内に住んでいました。

「飢餓海峡」の誕生のきっかけになった岩内大火資料

1954(昭和29)年9月26日、午後8時20分出火。焼失家屋
3,300戸、死者35名、行方不明3名の大惨事は、同日発生した青函連絡船「洞爺丸」沈没事故の陰に隠れて、あまり知られてはいません。

そのほかの見どころ

○隠れキリシタンのマリア観音像ではないかと言われる「子育て地蔵尊」。
○昭和20年7月15日に北海道各地が空襲を受けますが、その時、隣村島野村沖であった、
日本の武装油槽船と米戦闘機グラマンとの戦闘の際の、銃弾や薬きょうの破片。
○負傷兵を収容された協会病院の記録。
○明治から昭和にかけて岩内で発行された多くの地方新聞。
○岩内町出身の中国大陸の兵士に送られた「郷土だより」。
○岩内教育会が発行した機関紙など、北海道では珍しいバラエティに富んだ展示物があります。